物件探しは不動産の力を借りましょう|必ず役立つサービスです

買い取り業者と仲介業者

住宅模型

不動産買取にて、物件を売却したい場合は不動産買い取り業者に売る方法と不動産仲介業者を通して買主に売る方法の2つがあります。まず、買い取り業者と仲介会社の違いは売る相手です。買い取り業者を利用した場合、不動産の買い手は不動産になります。一方、仲介業者では主な買い手は一般人になります。買い取り業者と仲介業者にはそれぞれ特徴があるので、賢く不動産買取を行なうためにチェックしてみましょう。

不動産買取の際に買い取り業者を利用すると、買い手が不動産会社になるため、即金で現金を入手することが出来ます。また、買い取り業者では仲介業者を利用した際に必ず必要となる仲介手数料が不要になります。あわせて、マイホームを売却する際は、見学会に向けて家の中を清掃したり、場合によっては賃貸などに移って、売却する家を空き家にする必要がありますが、買い取り業者を利用する場合はこれらの心配はいりません。次に仲介業者になります。この仲介業者を利用する際に、注意してほしいポイントが査定価格は売却価格ではないことです。査定価格が相場より高かったとしても、売却活動をしているうちに売れない時期が続いてしまえば、売却価格を値下げしていくことになります。また、仲介業者では不動産を高く売却することが出来るメリットを持っています。そのため、出来るだけ高く売りたいと考えている人は向いているでしょう。また、不動産買取を行なうにあたって、自分の状況に適して業者を選んでいくことが大事です。